山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山Final

8月2日、金峰山山頂での御来光を見た後、ダッシュで金峰山小屋へ戻る。
最速の10分で戻った。明るいと楽だ。

で、最初の朝食時間に間に合い、時間的余裕を作る。
5:20、ここの朝食は、おかゆ。これがたまらなくいい。
付け合わせは、漬物などバラエティに富んでる。
画像


6:00前には小屋を出発。
6:23、3度山頂にやって来た(笑
空が青いです!五丈岩が美しい!
左手奥には富士山が見える。
画像


また、夜とは違った雰囲気ですね。普通逆か(笑
画像


さて、前回も昨日も行けなかった五丈岩の神殿。
人が多いと神聖な雰囲気が無くって・・・
まさに誰も登ってない神聖な五丈岩にお参りする。
鳥居をくぐる。
画像


木の橋が掛けられています。
慎重に渡りましょう。
画像


6:27、本宮に参る。
ここで、金峰山五丈岩の由縁を。
「古くから甲州御岳山といわれ、修験道の開祖、役小角によって奈良県吉野の金峰山から
蔵王権現を勧請したことに始まるとされ、山頂にそびえたつ五丈岩を本宮としています。」
だから、出来れば神様に登るようなことはやめていただきたいものです。
画像


久し振りの自撮り(笑
画像


富士山が綺麗だ。
画像


五丈岩の肩から日輪。
画像


6:50、五丈岩に降臨!
画像


さあ、下山を始めよう。
ここの位置関係はこんな感じ。
向かい八ヶ岳連峰、右手下方は瑞牆山。いつかは登りたい。
画像


9:30、富士見平小屋まで下りてきた。
ここの山小屋は、造りが可愛い。
画像


登り時に飲めなかった珈琲をいただく。
これがここの楽しみだ。本格的な珈琲が味わえる。
画像


緑深き山に戻る。
画像


下山途中、あの渡り蝶アサギマダラがたくさん飛来していた。
これは撮らねばと時間を要した。
画像


1年振りのアサギマダラ、綺麗ですね。
画像


ほどなく駐車場へ到着。今度はいつ来れるかな。またね。
画像


金峰山の旅、これにて終了。長きに渡りありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • Katsu

    秩父の金峰山から富士山!
    お天気最高だったのですね。見事な勇姿です。
    富士山、しばらくいけていないので、撮りたくてしょうがないです。
    五丈岩、本当にパルテノン神殿を思い起こすような立派な岩ですね。
    そして本当に神殿がある(^-^)。やはり圧倒的な自然の光景に、神を感じる
    わけですね。
    2015年09月11日 00:32
  • 管理人

    Katsuさん、金峰山と言ってもどこら辺かイメージ付きにくいと思いますが、
    富士山の北側、南アルプスは富士山の西であれば、奥秩父は富士山の北。
    富士山だけ撮れば、どこも同じですが、五丈岩と撮れば、
    その価値観は随分と変わるものですね。
    私はもっぱら山の上からですが、平地での富士山撮影も魅力的ですね。
    山岳信仰の山には、この手の神宿る場所はあるものですが、
    この五丈岩はテレビで見たときから神々しさが半端無かったです。
    実際に見てもらえると、きっと分りますよ!そこに神が居ることが。
    2015年09月13日 02:05

この記事へのトラックバック