2年振りオニバスの花咲く、亀岡平の沢池

8月11日、今年初めての祝日「山の日」。
山に行くべきところですが、今年は平野部にまだ居ます。
でも、目指すべき場所はあるもので、「池」です。
京都府絶滅寸前種のオニバスが、京都府内で唯一の自生地、
亀岡市平の沢池で開花したという。どうも2年振りらしい。
昨年は大雨で開花しなかったようです。

その花は鮮やかな紫色で4cmほどの小さな花。
オニバスの葉を突き破り、水面からその姿を出してます。
画像


見た感じはあんな感じですので、アップで拡大してみましょう。
おお、針針だらけですね。
画像


綺麗な紫色をしています。
この色「古代紫」と呼ばれるそうです。
画像


平の沢池に立つ、ダイサギ。オニバスの葉の大きさが見て取れるだろうか。
画像


オニバスは、スイレン科の一年生の水生植物であり、浮水性の水草である。
葉は直径1~2メートルほどの大きさに成長する。
画像


これはまだ開花に一番近いかな。
オニバスの花は、深夜に開花し、翌日ピンク色に変わりながら水中に沈むという。
画像


府内でも見れる場所は限られてますので、お早めに~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック