2018亀岡祭本祭、その1

10月25日、亀岡祭の本祭を見て参りました。
11基の山鉾が城下町を巡行します。

巡行の際、各山鉾は巡行順に並ぶため旅籠町通東詰めから呉服町通に集結します。
そのため、各町内から終結場所へ向かいます。
年によって、くじ順が変わるため、各山鉾は各町内を出発する順番や
待機する場所も年に変わるのが面白いところです。

まずは9:00過ぎから鍬山神社の還幸祭が始まります。
神輿は氏子町一帯を練り歩きます。こちら高砂山前です。
画像


画像


難波山が呉服町通へ向かう途中、浦島山の前を通過する。
画像


稲荷山は、先の順番の山鉾をやり過ごすため、浦島山の隣で待機する。
舁山が並ぶ、貴重な画ですね。
画像


高砂山が移動し始める。
画像


画像


天気が良くて、何よりです。
画像


画像


続いて、稲荷山が待機していた場所を舁山の蛭子山が通過する!
これぞ、すべての舁山が揃った画です。
画像


三輪山はなんと旅籠町通を東へ向かい、順番の場所へ。いわゆる逆走です。
こんなのは見たことない。
画像


本部席前を西から東へ進んでます。
画像


その2へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック