九輪草咲く、古知谷阿弥陀寺

5月26日、もう随分と前のことだが、大原野の奥、 古知谷に九輪草が咲いていると聞いて行ってみた。 咲いている範囲は狭いが、たくさんの九輪草が咲いていました。 少し引いて、額縁風に。 おや、小さな訪問者と目が合いましたね。

続きを読む

半夏生花咲く初夏、白く揺れる葉両足院

6月23日、お休みをもらって半夏生を愛でに建仁寺塔頭両足院へ行ってきました。 数年前は、混雑など無かったこのお寺も今年は凄い人。 平日でも撮影がままならない。 では、まず半夏生(はんげしょう)とは? 夏至から数えて11日目にあたる7月2日頃のことを言います 名の由来は、漢方薬に使われる半夏(サトイモ科のカラスビシャク)が生える頃だからという説があります。 またドクダミ科のハンゲシ…

続きを読む

沙羅の花愛でる梅雨のひととき、命の尊さを学ぶ妙心寺塔頭東林院

6月19日、いつもより遅い午後の訪問となりました。 この季節に毎年訪れる沙羅の花咲く、妙心寺塔頭東林院。 梅雨の鬱陶しい天候に気持ちを晴らしてくれる白い花を愛でました。 午後だといつものような引きの画は撮れない。 ちょっと一息。美味しいお菓子とお抹茶で。 切り取りながらの撮影。 落ちる沙羅の花に何想う。 ふんわり雰囲気。 色んなアングル…

続きを読む

清楚な白き半夏生、心静かに建仁寺塔頭両足院

6月19日、初夏に向かいし雨多き梅雨の頃、 この時期になると葉が白くなるあの景色を見に行きたくなる。 その白き姿の植物は半夏生(はんげしょう)。 緑豊かなこの季節に葉を白くさせ、人々の目も楽しませる半夏生は ここ建仁寺塔頭の両足院で素敵な景色を見せてくれる。 まずはゆっくりとここでお庭を眺めてみましょう。 静かなお庭です。 この白いのが葉、上から3枚目までだけが…

続きを読む

水無月、花豊か法金剛院

6月18日、ちょっと早い初夏の匂い感じる花模様。 花の寺である法金剛院では、たくさんの花を愛でることが出来ました。 門前の沙羅の木。趣ある散り花。 すかし百合の一種でしょうか。 おたふく紫陽花、かわいい。 蓮の花も咲いてました。 少し寄ってみた。 紫陽花はどれも見頃でしたね。 色んな紫陽花を楽しもう。 本堂を借景で。 …

続きを読む

初夏に魅せる薔薇の園、もりやまバラ・ハーブ園

5月22日、皐月ながらも超暑い日が今年は多かった。 暑さに耐えながら、香る薔薇の花を滋賀県守山市まで愛でて来ました。 小さいかなと思いきや、意外な広さで暑さ倍増。 しかし薔薇の花はとても綺麗でした。 変わった薔薇も咲いてます。 彩も豊富な薔薇園です。 圧巻なのは、この小さい薔薇。 広角で近くに寄る。 一面に広がる薔薇の花。 薔…

続きを読む

咲き競う初夏の花たち、山科勧修寺

5月7日、花菖蒲を探しに訪れた、山科の勧修寺。 目に飛び込んできたのは、黄色い色の塊。 黄菖蒲の群生。今年はどこもこの黄菖蒲が爆咲してます。 この氷室池に咲く花たち。黄菖蒲、花菖蒲、睡蓮。 黄菖蒲がたくさんです。 花菖蒲は、黄菖蒲に押され気味。 競うように咲く、菖蒲たち。 なんと、黄色い藤が咲いてました。

続きを読む

新緑と花の競演、妙心寺塔頭大法院

5月6日、八瀬蓮華寺の後、綺麗な新緑を求めて 訪れたのは、妙心寺塔頭大法院。 躑躅も綺麗な参道です。 なんともラッキーな時間でした。 静かな空間に身を置く。 撮りたかった景色が見れました。 お抹茶と和菓子を頂く。 新緑が綺麗です。 苔に包まれし蹲。 緑の世界。 光格天皇お好みの杜若「雲井の鶴」。 …

続きを読む

静寂なる新緑の幽玄美、八瀬蓮華寺

5月6日、GWの中の平日。 休みを貰っての新緑紀行。 やはり訪れたのは、八瀬にある蓮華寺。 私も好きなお寺です。朝一番に来てみました。 山門をくぐれば、そこは新緑の世界。 訪れた日は、くもり空。 この新緑を撮るにはちょうどいい天気です。 GWながら、誰も居ない静寂の空間を一人占め。 こんな時間を過ごせるのも地の利というもの。 だから、わざわざ…

続きを読む

藤棚咲き誇る九尺ふじ、白毫寺

5月5日、藤の綺麗な白毫寺、ここはもう兵庫県に入りました。 藤の開花時期に合わせて、ライトアップも行われます。 今回は昼の部のみです。 藤の花が見事に咲いていました。 あまりにもの人出。あまりいいアングルが無いです。 花の房はとても綺麗でした。 長さ、広さともに撮れた唯一の写真。綺麗ですね。 色もいい具合に染まってますね。 仏教の守護神とされる…

続きを読む

山陰随一の藤名所、白井大町藤公園

5月5日、福知山の藤の旅。 普門寺の藤と躑躅を見た後は、福知山でランチ。 お腹を満たしたところで向かった山陰随一と言われる 藤の名所、白井の大町藤公園へ足を運んだ。 結構不便なところにありますが、人も多く訪れ賑わってました。 確かに藤の花が見事な房で咲いてました。 広い藤棚から長く垂れ下がる綺麗な藤の花。 青い空に映えます。 その藤棚も長く見事です。 …

続きを読む

藤の里に咲く、躑躅満開の普門寺

5月5日、福知山の藤の旅。 才ノ神の藤を見たら、最寄りの藤棚も見ようと近くの普門寺へ足を運んだ。 小さいながら藤棚がありました。 しかし、ここの藤棚で見るべきはこの白藤。 見事な白藤ですね。 普門寺の山門には枝垂桜があります。 桜の季節も来たいですね。 ここで目を見張るのは、満開の躑躅です。 様々な色の躑躅が迎えてくれます。 …

続きを読む

いちごのような可愛い花、ストロベリーキャンドル

5月5日、福知山「才ノ神の藤」を見た帰りすがら、 なにやら赤い絨毯のような畑がありました。 なんだろう?と思って近寄ってみたら、赤くていちごのような花が一面に咲いていました。 この花、まさに見た目からも名前を「ストロベリーキャンドル」と言います。 凄い数ですね。 こんな花です。 美味しそう、、、見た目はいちごですが、香りはいちごではありませんので。…

続きを読む

香り豊かなる菩提樹の花、真正極楽寺

6月10日、お昼休みに菩提樹の花を見に真正極楽寺「真如堂」へ行ってきました。 本堂前にある大きな菩提樹の木にたくさんの花が咲き、なんとも甘い素敵な香りが漂ってました。 赤い総門に新緑の豊かな緑が綺麗です。 新緑の参道、緑が深い。 本堂右手の大きな木が菩提樹です。少し黄色く見えるのが花です。 これがその花です。木の下では素敵な甘き香りが漂ってきます。 …

続きを読む

京都府の天然記念物、才ノ神の藤

5月5日、福知山の「才ノ神の藤」を見にやって来ました。 京都府の天然記念物、樹齢は推定2000年というから凄い。 ここは、自然に自生した「ヤマフジ」なんです。 ノダフジの蔓が右巻きに対して、このヤマフジの蔓は左巻きなんですね。 また、花穂は短く、花穂の長い「ノダフジ」のような華やかさはありません。 ノダフジの藤棚は、よく見かけますね。でもこんな大きな「ヤマフ…

続きを読む

お疲れ様の月曜日

6月4日に撮った梅宮大社の猫たち。 お疲れモードで居眠りモード。 そんな私もお疲れモードです。 ぐへっ!

続きを読む

香り豊か砂擦りの藤、三大神社

5月4日、上賀茂神社での禊の儀を撮影後、流れで滋賀県へ。 今年も見に来ました、三大神社の砂擦りの藤。 たくさんの人が訪れて賑わっていました。 長さは例年ほど長くはなかったですが、見頃を迎えていました。 下からのアングルで長さを強調! 少し花数も少なめか。 雰囲気を出します。 藤のカーテン。 花の一つ一つは綺麗です。 ク…

続きを読む

京都初夏、ホタル飛ぶ嵐山

6月1日、ここ数日で随分とホタルの飛ぶ量が増えた嵐山。 いつもの散歩コースでホタルが飛ぶようになり、ついに一眼を持って散歩。 場所も決めての撮影開始。 12枚合成です。

続きを読む

雨露抱きし蓮の花、独り占めの世界で何想う、宇治三室戸寺

7月5日、この日は朝一番に訪れし宇治の三室戸寺。 開門前に到着。 目の前には静かな参道。いつぶりだろうか、静かな三室戸寺。 当然、向かった先は、、、 そう、華麗なる花咲く静かなる蓮の庭。 しばらくの間は、独り占め状態。 今年もこの三室戸寺の蓮を見ることが出来ました。 まだ、蕾もありますが、たくさんの蓮が花を開かせていました。 花…

続きを読む

可憐に咲く桔梗の庭、静かに過ごす東福寺塔頭天得院

7月4日、既出の記事にもありましたように、朝一番から剣尾山に登り、 昼には梅小路手づくり市で宮ちゃん、山ちゃんに会い、その後に向かった場所があります。 やや天気も悪いほうへ向かっとりましたが、やはりこの時期には訪れておきたい場所です。 東福寺塔頭天得院。雨に濡れる桔梗が美しいお庭へ。 ちなみにこれは帰り際の写真ですが(笑 緑の苔に映える紫紺の花。白い花もありますよ。 …

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、最終章

7月12日、既に約2ヶ月前になろうとする日。 ご夫婦は少し後に下山開始した頃、私は単独で再び燕岳に登る。 天気が良いので違った景色を求めての登頂です。 時の頃は6:16頃。 イルカ岩と燕山荘を撮る。 コマクサの群生地で、朝日を浴びるコマクサを撮る。 左から燕山荘、大天井岳、槍ヶ岳、表銀座を一望です。 6:26、燕岳山頂直下の白砂、ザレ場。空が青い! …

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その5

7月12日、早朝御来光の予感。日の出時刻は4:33頃。 4:23、日の出前のこの景色が好きで、早めから待機していた。 4:27、空の雲がいい感じに焼けてきた。 御来光を待つ、登山客と燕岳。 4:37、もう日の出時間ですが、山向こうで上がっているようです。 空が染まり、その瞬間はもうすぐだ。 4:40、浅間山方面、山の稜線から日が昇る。 徐…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その4

7月11日、燕岳に登頂後、しばし山頂付近を遊ぶ。 14:41、燕岳の向こう北燕岳方面。少しなら行けますよ。 山頂、空の青さが際立つ。 ハクサンイチゲと雪渓。 広大な稜線が目の前に広がる! 山頂付近は結構な岩稜帯。 山頂から燕山荘までの稜線。安全で楽しいルート。 どの時間帯でもその美しさを誇る燕岳。 燕山荘の裏手で見つけた…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その3

7月11日、時は12:23。 燕山荘に到着も目の前に広がる景色にしばし見とれる。 あれだけ疲れ切った体力もこの景色を見たとたん、何故か元気になる。 それが山というものだ。 ちょっと燕山荘周辺を歩く。その景色は見事としか言いようがない。 北アルプスの絶景です。 そして、コマクサが咲いていた。 今回、この花を見るのも目的の一つでした。綺麗です。 コマクサの…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その2

7月11日、11:03頃に三角点で休憩。 そうようやくここで今回の頂き燕岳と宿泊する燕山荘が目視できるのである。 近くに見えて、これがなかなか辿りつけないのだよ。 しかし、この青色どうですの?!凄い天気ですよ! 前回の秋の燕岳も超好天!最近は北アルプスの女王様が優しい(笑 合戦小屋以降はさすがに高度も上がり、ペースが落ちたものの、 この天気と景色に励まされつつ、元…

続きを読む

紫紺の花を求めて、辿り着くは静寂の庭、東福寺塔頭光明院

6月28日、智積院を後にし、近くの東福寺へ移動した。 東福寺の三門は、現存する最古最大の三門。(ここは山門ではない。) 手前の思遠池の蓮はほぼ終了。 で、東福寺で気になる場所は、、、、東福寺塔頭光明院。 入口、入ってすぐにある桔梗の花。 入ってすぐに見える、静寂の波心庭。 座して眺める、時折吹く風が心地よい。 そう、ここの庭にちょっとだけ桔梗があ…

続きを読む

初夏迎えし庭園の花たち、風薫る緑とともに智積院

6月28日、桔梗を愛でた廬山寺の後、向かった先はやはり桔梗が咲く智積院。 しかしまず先に、あまりに人が居なくて、緑の美しい境内を撮ってました。 緑の回廊も美しい。 参道脇の桔梗は、今年は痛みが早いようです。数が少ない。 でも美しい彩は、心を癒す。 本堂南側にある小さな池に蓮の花が咲いていた。 いい花を選んでますが、今年はこの池、当たり年のよ…

続きを読む

新緑眩しい、静かなる潮音庭 in 建仁寺

6月18日、両足院の後はやはり建仁寺に寄って行こう。 この時期の平日ともなれば、静かな空間が私に癒しを与えてくれる。 まずはこの静かなる潮音庭。 潮音庭を回る。 緑豊かな潮音庭。 こう見るとなんとも凛々しい三尊石。 向こう正面から。 なるほど~、いいね。 雲龍図は撮影OKです。レプリカですから。 法堂の天井画、双龍図も…

続きを読む

一日花、咲いて落ちる夏椿、沙羅の花を愛でる東林院

6月18日、職場の創立記念日恒例の平日花巡りの旅。 やはり初っ端は、ここ。妙心寺塔頭東林院で沙羅の花を愛でる! 到着時2人ほど居たが、その2人は山門へ移動したので、私が1番乗り(笑 おかげで、余裕のこの景色。ありがたい。 数分間は独り占めできましたね。 お抹茶といつもの和菓子。美味しいので、ちょっと堪能! 存分に撮影できる環境は久し振りです。 …

続きを読む