初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、最終章

7月12日、既に約2ヶ月前になろうとする日。 ご夫婦は少し後に下山開始した頃、私は単独で再び燕岳に登る。 天気が良いので違った景色を求めての登頂です。 時の頃は6:16頃。 イルカ岩と燕山荘を撮る。 コマクサの群生地で、朝日を浴びるコマクサを撮る。 左から燕山荘、大天井岳、槍ヶ岳、表銀座を一望です。 6:26、燕岳山頂直下の白砂、ザレ場。空が青い! …

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その5

7月12日、早朝御来光の予感。日の出時刻は4:33頃。 4:23、日の出前のこの景色が好きで、早めから待機していた。 4:27、空の雲がいい感じに焼けてきた。 御来光を待つ、登山客と燕岳。 4:37、もう日の出時間ですが、山向こうで上がっているようです。 空が染まり、その瞬間はもうすぐだ。 4:40、浅間山方面、山の稜線から日が昇る。 徐…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その4

7月11日、燕岳に登頂後、しばし山頂付近を遊ぶ。 14:41、燕岳の向こう北燕岳方面。少しなら行けますよ。 山頂、空の青さが際立つ。 ハクサンイチゲと雪渓。 広大な稜線が目の前に広がる! 山頂付近は結構な岩稜帯。 山頂から燕山荘までの稜線。安全で楽しいルート。 どの時間帯でもその美しさを誇る燕岳。 燕山荘の裏手で見つけた…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その3

7月11日、時は12:23。 燕山荘に到着も目の前に広がる景色にしばし見とれる。 あれだけ疲れ切った体力もこの景色を見たとたん、何故か元気になる。 それが山というものだ。 ちょっと燕山荘周辺を歩く。その景色は見事としか言いようがない。 北アルプスの絶景です。 そして、コマクサが咲いていた。 今回、この花を見るのも目的の一つでした。綺麗です。 コマクサの…

続きを読む

初アルプスの山友を連れて、挑みし頂きは北アルプスの女王燕岳、その2

7月11日、11:03頃に三角点で休憩。 そうようやくここで今回の頂き燕岳と宿泊する燕山荘が目視できるのである。 近くに見えて、これがなかなか辿りつけないのだよ。 しかし、この青色どうですの?!凄い天気ですよ! 前回の秋の燕岳も超好天!最近は北アルプスの女王様が優しい(笑 合戦小屋以降はさすがに高度も上がり、ペースが落ちたものの、 この天気と景色に励まされつつ、元…

続きを読む

北アルプス前衛常念山脈を行く、急登&縦走の旅最終章

7月25日常念岳山頂、間に合わなければ常念岳八合目で御来光を! そんな思いで出発の3:40!日の出は4:40だ。 とりあえず常念岳八合目で待機。 山間の雲海が綺麗。 富士山も綺麗に見えてました! 御来光は雲の中でした。 常念岳八合目を早々に切り上げ、 山頂で5:14雲の上から御来光(笑 常念岳山頂で、北側の眺望を堪能! 常念岳山頂で見る、穂高…

続きを読む

北アルプス前衛常念山脈を行く、急登&縦走の旅その2

前常念の手前、石室からはあっという間の前常念岳2,661.8m。 ここから常念岳八合目までは穏やかな稜線歩き。 ちょっと雲が多いですが、行く先は見えてます。 ハイマツの中の岩稜帯。 こんな場所がこんな所にあるんですね。好きだな~ 左手常念岳、右手奥は大天井岳。雲が晴れた瞬間に撮影。 でも穏やかとは言え、大きな岩稜帯は続くのです。 右手下の小屋…

続きを読む

北アルプス前衛常念山脈を行く、急登&縦走の旅その1

毎年この時期に行っている男4人の山旅。 今年は仕事と怪我で2人減った中、果敢に挑む残り2人と急遽参加の山ガール1名。 7月24日、この時期では土日は恐ろしいくらいの混雑具合なので 金曜日を絡めるのは、正攻法だ。 そして今回は2日間、ともに長丁場なので早め早めの行動が必要だ。 まずは今回の全貌だ。 1日目、三股登山口から前常念経由で常念岳八合目へ、常念小屋へ一旦下る。常念小屋で宿泊…

続きを読む

アルプスへの道、比良山系蓬莱山へ

6月7日、花の合間を縫って、山に登ってました。 蓬莱山、つまりは琵琶湖バレイスキー場です。 奇しくも駐車場に入る1番乗り! とっとと上がって、登るべし。 なんか山頂の雲が気になります(笑 蓬莱山山頂を目指すべく、ここは左手に向かうべし。 あやふやな指示に惑わされるな! この川を渡るべし。ちょっと迷うかも。 しばらくは樹林帯を進む。 穏やかな登…

続きを読む

奇岩、巨岩の行場の山、行者山から剣尾山、横尾山縦走

7月4日、天気は曇り、しかし今にも雨が降る、泣き出しそうな色の空。 今週はアルプスのどこもイマイチの天気だったので、 先週雨で行けなかった大阪府能勢町の剣尾山へリベンジ。 昼からの予定もあるので、朝早めの出発。 家から1時間ほどで到着できた。意外と近いのだ。 6:45には駐車場に着いて、7:00には登山開始。標高230mほどか。 しかし、駐車場には私の車だけ。そんなに来ないのか、…

続きを読む

写友仲間が集う八ヶ岳⑤、硫黄岳~赤岳鉱泉編

6月14日撮影。 硫黄岳から後は、ただただ下るのみ。 岩稜の登山道から再び樹林帯の中へ戻る。 下り始め10:00頃。 硫黄岳から少し下った、赤岩ノ頭と呼ばれるひと際目立つこの場所。 赤岳からも見えていた白い物体は? 実は石灰岩でした。 険しかった岩稜もようやく終了。 初の八ヶ岳で稜線の縦走を堪能しましたね。 ここから眺める今来た稜線は、凄い所だったと感動する…

続きを読む

写友仲間が集う八ヶ岳④、横岳~硫黄岳編

6月14日撮影。 難所多き横岳への縦走路。 向かう3人の行く手には? 横岳へ向かう中、ミヤマシオガマの紫が綺麗でした。 ギリギリ間に合った、ツクモグサ。綺麗に開いていて欲しかったな~ 横岳に近付いていくほどに、アクティブさが増していく(笑 頑張って行こう! 行く手を阻む岩山の縦走路。人が小さく、自然の大きさを知る。 楽しそう(笑 しばし休憩、…

続きを読む

写友仲間が集う八ヶ岳③、赤岳山頂~横岳編

6月14日撮影。 4:20には、御来光というこの時期ならではの早さ。 でも雲に覆われた空に、その姿は見られなかった。 御来光より遅い朝食は5:30でした。 シンプルだけどしっかりと食べる。 この日は6:00に赤岳頂上山頂を出ることに。 目的の場所を眺める。 このルートは岩稜のイメージですが、意外にもお花がたくさん咲くのです。 オヤマノエンドウの紫が一際綺麗です…

続きを読む

写友仲間が集う八ヶ岳②、地蔵尾根~赤岳山頂編

地蔵尾根の到着が12:00、美濃戸出発が7:30なので4:30掛っている。 まあ、ゆっくり写真も撮りながらの山行なので、そんなもんだ。 さあここから赤岳山頂を目指そう! 規模感が判らないので、y213さんに入ってもらった(笑 見ている以上に大変そうですよ。 赤岳天望荘から地蔵尾根方面を眺める。 ここからの八ヶ岳縦走路の展望は素晴らしい。 ここにウルップソウが咲き…

続きを読む

写友仲間が集う八ヶ岳①、美濃戸~地蔵尾根編

去年12月に開催された12XX展で、写友仲間で約束した登山。 山頂で夜空が見たい、というその想いで日程的に同行出来たy213さんと 昨年晩秋、燕岳へ連れて行ったtekoちゃんの3人で八ヶ岳登山を計画。 無事に開催されました。 京都から同行したy213さんと夜中1:30頃に美濃戸口の八ヶ岳山荘に着く。 ここは2,000円で仮眠をさせてくれます。 思いの外、いい状況で就寝できました。…

続きを読む

登山第3弾、比良山系最高峰武奈ヶ岳へ

5月23日、近くで高い山はないかと選んだ山は 滋賀県比良山系で最高峰の山、1,214mの武奈ヶ岳。 実は初めて登ります。 ここは琵琶湖側からと朽木側からの登山口があり、 今回はアクセスの良さから朽木側、葛川坊村からの御殿山ルートを取りました。 6:30に葛川市民センター駐車場に停めた。4台ほど先客が居ました。 国道沿いに公衆トイレがあり、助かります。 7:00、…

続きを読む

登山第2弾、1000m超えの高みに挑む綿向山

5月1日予定の仕事も回避できたので、お休みが出来ました。 翌日からの印彩都写真展上京もありますが、 影響のない程度に1000m級でアルプスへの事前訓練。 向かったのは、滋賀県綿向山です。 麓の駐車場には、まだ桜が咲いていた。 思わぬ桜にちょっと興奮(笑 去年のお正月に、冬山の綿向山に登ったのが初めて。 それ以来の綿向山です。さあ出発は10:00です。 最初の小…

続きを読む

2015年初登り、カタクリを求めてポンポン山へ

今年は登り初めが遅くなりました。 ほんとは低山雪山を行く予定でしたが、 雪の京都撮影、スキー、気付けば梅や桜と山に行く時間がありませんでした。 桜が散って一先ず、落ち着いた4月18日。実は去年と同じ日程ですが(笑 登り初めにポンポン山に登ってきました。 登り口は先週行った善峯寺から。8:50スタート! いつものコースで緊張感は無い。 誰も居なくて一人静かに歩く。聴こ…

続きを読む

今年も1年間ありがとうございました、さようなら2014年

今年1年間、たくさんのコメント等をいただき、誠にありがとうございました。 写真展の開催も続けられており、今年は関西でも写真展に参加することが出来ました。 写真はまだまだ未熟ですが、これからも素敵な写真が撮れるよう精進してまいります。 皆様には引き続き、お付き合いいただければ幸いです。 写真は、今年を象徴する山の写真から選びました。 一面に広がる雲海、まるで別世界にいるかのような…

続きを読む

山人11月号、特集「初アルプスの山ガール、澄み渡る空と奇岩の旅」Final

ちょっとばかり、紅葉で間を開けましたが、忘れてはいませんよ! 10月26日、早朝からご来光を待つ。うちのメンバーです。 ようやく4人が写真で確認(笑 撮られる人3人、撮る人1人! この時間の空が好きです。 燕山荘のヘリポートからの眺めもいい。 たくさんの人がその景色を待つ。 5:52、tekoちゃんは初の御来光だとか。 その瞬間を待つ。 浅間山辺りか…

続きを読む

山人11月号、特集「初アルプスの山ガール、澄み渡る空と奇岩の旅」その4

燕岳山頂から燕山荘へ戻る間、撮影タイムで遊んでました! 斜面をスキーを滑るように降りる。ストックがあるからついつい(笑 もうすぐスキーの出番ですよ! まさに異世界を感じさせる1枚。 ハイマツの中で撃ち合いです(笑 ああ、なんて景色でしょう!だから何回も登りに来たくなる! 燕山荘に戻りました!そしてやっとここでI夫婦と合流です! 荷物持ち過ぎて、足…

続きを読む

山人11月号、特集「初アルプスの山ガール、澄み渡る空と奇岩の旅」その3

燕山荘にチェックイン後、荷物を少なくしていざ燕岳へ。 13:35、このまま天気は崩れることはなさそうだ。 北アルプスの女王に会いに行こう! しばらくするとお馴染のイルカ岩。槍にキス! 燕山荘を眺めるこの稜線の景色が私は好きだな。 いつ来ても、いつ見ても、美しい稜線ですね。 この空と景色にtekoちゃんも大興奮です! 撮る女(笑 さあ、あと少しで…

続きを読む

山人11月号、特集「初アルプスの山ガール、澄み渡る空と奇岩の旅」その2

合戦小屋を出発して、まずは燕山荘を目指す。 しばらくして振り返ると、眼下に紅葉した山があり、安曇野の街も見える。 奥には富士山だ。 12:23、通称三角点に出た。ここからは稜線歩きだ。 南方には、槍ヶ岳が見えだした。 禿げたダケカンバが目立つ山肌。 その奥に目指す燕山荘とその右手には燕岳が! ようやく、目標が見えた瞬間だ。 ここから先の登山道の日陰、霜…

続きを読む

山人11月号、特集「初アルプスの山ガール、澄み渡る空と奇岩の旅」その1

2014年10月25日、東京2名、金沢1名、京都1名各方面から集合するという珍しい山行が行われた。 東京2名はスキーの居候仲間I夫婦、金沢からは写友tekoちゃん、初のアルプスだ。 8:00中房温泉登山口の集合に、7:00頃着いたtekoちゃんと私は、第3駐車場の満車手前で なんとか停めることができた。ほんの数台到着したら、満車となり第3駐車場もクローズ。 間に合わなかったI夫婦…

続きを読む

「山人 11月号」絶賛、発売中~!

「山雑誌 山人11月号」絶賛、発売中! 特集は、北アルプスの女王 憧れの燕岳を目指す 澄み渡る空と奇岩の旅 第2特集は、あると便利な山グッズ あなたのザックの中をのぞいちゃう これであなたも山の達人 近日公開、今少し待て(笑 モデル:teko

続きを読む

五丈の祭壇戴く金峰山、心穏やかに下る修験道の道、最終章

9月28日、小屋から20分ほど掛かる山頂。 ここは御来光、諦めようじゃないか。 今年もたくさんの御来光を拝めた訳だし。 というか、御来光の時間が小屋の朝食の時間と被った(笑 5:30、ここの朝食はなんとお粥!これがまた胃に優しい。 何杯でも食べれてしまう。シンプルだが、これはこれでいいと思う。 6:00には小屋を出発する。山頂ではどんな御来光が見れたのだろうか。 しばら…

続きを読む

五丈の祭壇戴く金峰山、闇に坐して過ごす静寂の時間、その5

金峰山小屋にて夕焼けを撮影後、空が闇に包まれる時間を待つ。 この日の月は既に沈んでいる。夜空の撮影日和だ。 20:00前に空を確認したら、西の空から天の川が見えた。 これはチャンスだ。 金峰山小屋からヘッドランプを頼りに山頂を目指す。 誰も居ない山頂に到着。空には満点の星が輝く。東側が少し光害か。 見えるのは金峰山山頂。 坐して、五丈岩と相対する。静かな時間が流れる。 …

続きを読む

五丈の祭壇戴く金峰山、夕陽照らす雲の海へ、その4

金峰山の一番上にある岩の上、なう。 ここから眺める金峰山東側。結構なだらかな山容。 比較的楽に登ってこれそうな感じですね。一応、山行の記録ね。 石の羅針盤、人を入れての五丈岩。その大きさは、見てわかる。 ようやくお昼ご飯。持ってきたカップ麺を食べて、からの定番の珈琲です。 富士山、五丈岩を感じながらの贅沢な時間。いつまでもここに居たくなる。 13:17、さ…

続きを読む

五丈の祭壇戴く金峰山、錦秋眩い神の領域へ、その3

五丈岩が近づいてくる、でもその場所にはなかなか辿り着けない、そんな先人の言葉がある。 これもまた修験道というものだろう。 今は五丈岩、北斜面が美しい黄葉です。 進む先は大きな岩がゴロゴロ。これがまた、いいんです! あと少しだ、残りの小ピークを目指す。 大きな岩を飛び越えて! 振り返り、今来た千代ノ吹上を見る。左が切り立った感じ判ります? …

続きを読む