秋のアルプス紅葉登山、燕岳最終章

10月1日、夜中に起きて幾度と眺めた星空。 久し振りに夜空を堪能した。 そして、ご来光の時間です。 5:12、うっすらと空が明るくなってきた。 雲に浮かぶ富士の山。 眼下の街は雲海の下。有明山がかっこいい。 待ちわびる人たち。 待ちわびる私。 みんなが待ちわびる。 5:33、雲の中の太陽が動き出した。 まだここでは、…

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その7

9月30日、燕岳の夕景が始まる。 この色が染まる時間帯が好き。 北アルプスの女王とは思えない風格ですね。 双六岳やや北に落ちる落日。 しばしブルーモーメント。 西の稜線が美しい。 色んなアングルで遊んでみる。 今日は焼けないから(笑 この時間も好き。 槍穂、ブルーモーメント。美しき稜線。 日も暮れて、ようやく星空の世…

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その6

9月30日、燕岳登頂からの帰り。 この景色も好きです。 行きも帰りもイルカ岩で。 振り返ると、燕岳全貌。やはり、かっこいいですね。 燕山荘のヘリポートより。ナナカマドの赤が際立つ! ちょっとお散歩、表銀座の初番。 美しき世界です。 山の斜面に黄色の輝き。 可憐な愛おしさを感じる。

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その5

9月30日、11:56、燕岳山頂に到着です。 はい、タッチ! ここから見返すと燕山荘の先に大天井岳、槍ヶ岳を望む。好きな景色です。 双六、鷲羽、水晶方面。綺麗ですね。 山頂から北燕岳方面の景色。青空も綺麗です。 燕岳西側からのアングル。 燕山荘までの綺麗な稜線。好きな稜線。 初めての燕岳、ここを走って登頂したよな。 黄葉も美しい…

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その4

9月30日、燕山荘から燕岳登頂へ挑む。 稜線は気持ち良くて快適です。 イルカ岩と槍ヶ岳、定番の撮影ポイント。 白くて大きな花崗岩が特徴的。 こんないい天気は久し振りでした。 名峰燕岳。かっこいい。でも北アルプスの女王なんです。 こちら眼鏡岩。 この景色を見せてあげたかったんです。 どうです?ちゃんと堪能してますかね。 …

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その3

9月30日、燕岳登山も終盤です。 久し振りの登山で足がピークに近付く。 継続は力なり、とは言ったものだ。体力も落ちてるな。 あと少しで燕山荘だ。この手の岩登りは楽しいな。 もう3回目だろうか、燕岳登山は。慣れたものだ。 ダケカンバなど黄色い黄葉が目立ってきました。いい景色です。 もう最高の景色しか想像できない。なんていい天気だこと。 槍が綺麗だ。…

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その2

合戦小屋でしばし、休憩の後、いざ燕山荘へ。 ここからはあと少しだが、キツイのもここからだ。 しかしこの山紅葉を見ながらなので、楽しさが勝つ。 しかも青空が出てきて、紅葉も映える。 ナナカマドの赤が燃える。 遊ぶ雲。 心地いい空気。 紅葉をすり抜けて・・・我がチーム。 人もそれなりに多かったです。 遥か大天井岳が見える。いつかは…

続きを読む

秋のアルプス紅葉登山、燕岳その1

平成29年9月30日、毎年登っている燕岳へ。 いつものメンバー(今回は3人)と松本市内から日帰り参加の特別ゲストで登ります。 紅葉シーズンの山登りは大変。 人が多くて、駐車場にも入れず、バスもいっぱい。 登山口まで辿り着くのがまず一番です。 6:27には、中房登山口に無事到着。ここまでに既に色々ありました。 松本からの特別ゲストも何とか無事に到着できました。 秋の気配を…

続きを読む

2016燕岳登山、その3

燕岳山頂を極めた後は、下山するのみ。 ただ、登りに見れなかった景色が下山時に見れることも多い。 風雨に耐えるハクサンイチゲ。 燕山荘に寄り下山準備をして、下りた燕山荘直下でなんと雷鳥が居るではないか。 余りにも近さに4人が雷鳥に釘付け! 辛うじて残っていたイワカガミ。 可憐で可愛いマイヅルソウ。 うちの山友達です。 まさ…

続きを読む

2016燕岳登山、その2

三角点を越えると見慣れた高山植物が顔を見せ始めた。 チングルマです。 燕山荘直下は黄色い、シナノキンバイでいっぱいでした。 12:34、燕山荘到着。おお、燕岳が美しい! 着いて間もなく、周辺の花たちをまず撮っておこう!天気が崩れそうだから。 これはハクサンイチゲ。 これが燕岳の美しさですね。 銀座の縦走ルート。いつかは行きたい。 正面の…

続きを読む

2016燕岳登山、その1

随分と前になるが、6月25~26日北アルプス燕岳へ登った。 昨年の燕岳は、天候不順により燕岳が見えたのもたったの1回。 あとは真っ白。昨年のリベンジですね。 7:21、中房温泉登山口を出発! 8:10、第一ベンチに到着。 途中、ゴゼンタチバナの花を発見。 ギンリョウソウもたくさん見れました。 8:46、第二ベンチに到着。なかなか順調ですね。 …

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!あの動物たちに会いに、その4

夜空を撮った後、小屋に戻るとガサガサと音が聞こえた。 3:45、静かに探すとヤマネが小屋内の餌場に来ていた。 たった一人の撮影会(笑 一人で甲子園ライトは難しいので、ヘッドライトで照らしながらの撮影です。 コソコソと動き回る。 何も無いのに確認する仕草が可愛い。 時を同じくして、最近見れなかったというヒメネズミが外の餌場に現れた。 これは奇跡です。昨年見れなかっ…

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!あの動物たちに会いに、その3

さて、本沢温泉を出たのが13:45頃、随分とゆっくりしました。 でも目的の夏沢峠は目の前です(笑 しばらくすると本沢温泉の露天風呂(日本最高所にある)を眼下に見下ろす場所に。 そこでは黒い実を付けたガンコウランが見れました。 実を結ぶと秋の気配を感じますね。 その近くでベニテングダケを発見! 夏沢峠までは、登りっぱなし! 可愛いキノコ発見!花型です。 …

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!あの動物たちに会いに、その2

みどり池入口駐車場から2:30ほど、しらびそ小屋に到着。 なんともいい雰囲気の山小屋ですね。 ここに来るのは2回目、一度はゆっくりと泊まってみたい山小屋です。 そしてさっちゃんが一度は行ってみたいと言っていたみどり池です。 とても静かで穏やかな池の畔。東天狗岳の東壁が美しく見えます。 まずはここの珈琲を飲んでゆっくり休憩をしよう。 これがまた美味いんです。注文受け…

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!あの動物たちに会いに、その1

蓼科山に登った翌日早朝、9月21日早朝。 印彩都メンバーさっちゃんと昨年に続き、あの動物たちに会うために合流。 今年はみどり池入口駐車場に着いた。 7:00出発。去年の桜平よりも登山らしいルートを選んだ。 八ヶ岳の魅力を堪能できるルートと思ってます。 30分も歩けば、そこは苔とキノコが溢れる場所。 さっちゃん、何を撮る? まさにケニアで獲物を狙うかのように、貪欲…

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!次なる百名山は蓼科山その2

9月20日、蓼科山山頂直下の岩場に取り付く。 ここからは得意な所です。もうあと僅かで山頂です。 今まで登って来た登山道を眼下に見る。 太陽が近い。そして空が青い! この岩稜歩き、楽しいです。 鎖はあるけど、鎖使わず登れます。 8:41、蓼科山山頂2,530m、三角点にタッチ!約2時間半で到着。 山頂は意外と広い。この岩ばかりの大地です。 …

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!次なる百名山は蓼科山その1

私の夏季休暇2日目、9月20日はなかなか行くに行けない八ヶ岳エリアのプリンちゃん! 綺麗な独立峰、蓼科山へ。 前日より車中泊の蓼科山登山口の駐車場。 朝6:00ではこのくらいの車の数。夜は判らなかったが、トイレもあります。 いつかは登りたいと思っていた山。 こちらも割と短時間で登って下りることができる山なので、今回のチョイスに。 6:10、登山口から出発です。 …

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!まずは奥秩父の岩峰、瑞牆山その2

大ヤスリ岩が青い空に映える、8:05。 ロッククライマーは登るそうです。 ここからが最後の踏ん張りどころ! 岩を登ること30分ほどで山頂に着くでしょう。 8:25、芝生公園側からの登山道との合流点に。 山頂まであとわずか! 山頂目前の梯子。これを登れば山頂です。 8:30、2,230m瑞牆山山頂に到着!青い空の景色が美しい。 駐車場から2時間半、休…

続きを読む

今年の夏季休暇は、山三昧!まずは奥秩父の岩峰、瑞牆山その1

前日から移動してきた瑞牆山荘前の駐車場に車中泊。 9月19日、シルバーウィークの初日に当たるが、朝一番で出発し、 山小屋にも泊まらない混雑無しの日帰り登山を瑞牆山で実行する。 そうここ奥秩父の金峰山は登っているが、 なかなかこの隣にある百名山の瑞牆山に登る機会は無かった。 そうです、日帰り登山で行けなかった百名山を登ろうという計画です。 混雑するシルバーウィークならではの試みです…

続きを読む

雨降る安曇野、初アルプスの仲間を連れて燕岳へその2

8月29日、燕山荘に到着するメンバー。 背後の燕岳が神々しいですね。 時間もちょうどお昼。お腹が減りました(笑 今回のお昼ご飯は、ビーフシチューにしました。 これも美味しい! チェックインも済ませ、お腹も満ちたところで、山頂へ向かいます。 14:04、イルカ岩も霧の中。 14:34、燕岳山頂2,763m到着。タッチ! いつから賽銭を置くようにな…

続きを読む

雨降る安曇野、初アルプスの仲間を連れて燕岳へその1

この話を持ち出したのは春頃だろうか。 「燕山荘の個室を取ったので、燕岳に行きませんか?」 誘ったのは、同じ職場で働いたこともある、60代の元気な女性陣2名。 一人はアルプス経験もあるが久しく遠退いている。 一人は富士山には登ったことはあるが、初アルプスという。 そこに今年八ヶ岳デビューを果たした写友を含め4名で登ったお話。 8月29日、前泊の塩尻北から早朝頑張って、中房温…

続きを読む

速攻登山、目指すは1,212m御在所岳、登り続ける中登山道その2

8月23日、御在所岳中登山道8合目からの登り。 8合目直下、横縦と鎖場が交わる3Dルート(笑 さらに高い場所からの菰野平野。 どんどん登り、ロープや鎖はちょくちょく出て来ます。 7:51、登山道を抜けました。 登山口では「中登山道」、登れば「中道」(笑 つまりはこのルート、「中道」と言うべきでしょうね。下山にも使いますので(笑 山頂付近のスキー場…

続きを読む

速攻登山、目指すは1,212m御在所岳、登り続ける中登山道その1

8月23日、お盆も終わった翌週のこと。 翌週迎える燕岳登山の準備がてら、最近お気に入りの御在所岳中登山道で攻めました。 このルートは常に登り続け、岩場、鎖場、ロープ場など楽しい箇所があり、 なおかつ一番速く山頂へ着けるのが魅力。 5:30には、駐車場に着き、6:08には中登山道口に着きました。 さあ、登るべ! 序盤から高度を稼ぐ登り道。いきなり梯子が。 ザレ場、…

続きを読む

六甲縦走路の始まり、低山と言えど侮るなかれ、須磨アルプス

6月の八ヶ岳登山に同行した写友かつ山友が「山に行きたい病」にかかってしまい、 金峰山の翌週8月8日、低山ながらアルプスチックな山行が出来る須磨アルプスに行く。 お盆休みが始まるところも多いので、高速道路は渋滞、スタートは9:30だった。 スタートは六甲縦走路の始まりでもある須磨浦公園駅から。 前回ここに来た時は5月末だったので、まだ快適でしたが この真夏に来たのは失敗だったかも・・…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山Final

8月2日、金峰山山頂での御来光を見た後、ダッシュで金峰山小屋へ戻る。 最速の10分で戻った。明るいと楽だ。 で、最初の朝食時間に間に合い、時間的余裕を作る。 5:20、ここの朝食は、おかゆ。これがたまらなくいい。 付け合わせは、漬物などバラエティに富んでる。 6:00前には小屋を出発。 6:23、3度山頂にやって来た(笑 空が青いです!五丈岩が美しい! 左手奥には富士…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山その5

8月2日、夜中の山頂撮影の後、ゆっくり眠り御来光に備える。 でも3:30には起きて、準備!そして三度山頂を目指す! 金峰山小屋を4:00前には出発。さあ、金峰山での初の御来光が見れるか! 一番乗りです!まだ少し暗いです。 4:22、金峰山山頂に立つ。西の空にはあの満月と南アルプスの山並み。 東の空が明るくなってきた。 4:39、東の富士山とともに。 綺麗な富士の…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山その4

さて夕食後は、夕焼けと星空ショーの出番です! が、この日は夕方はゴロゴロ雷空と夜は満月で星空はほぼ見えません! ですが!そこは慣れた金峰山。何かしら撮ってやる。 18:54、西の空がオレンジ色に染まり始めた。 場所は限られているが、幻想的な夕景となった。 陽の光が通る道が輝く。 19:07、西の空からは雲が迫ってきて、ゴロゴロの音とともに稲妻が光る。 いつ横に走…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山その3

ちょっと祭が入りましたが、金峰山の続きです。 8月1日10:46、金峰山五丈岩を包む霧が晴れた。 人を入れてみた。その大きさがわかるだろう。 10:50、2,599m金峰山山頂に到着。 三角点、タッチ! ほら、あっという間に霧がまた包む。 山頂直下の羅針盤、ここには金峰山は2,598mとなってます。 きっと再計測で1m高くなったのだろう。五丈岩の…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山その2

8月1日、大日岩を後にしてまずは尾根道への取り付き(砂払ノ頭)へ向かう。 序盤は緩やかな樹林帯を抜ける。 徐々に高度を稼ぐかのような急坂。 木の根っこを階段にして登る。 9:09、まだまだ登り続ける。 2度目はさすがに先のイメージがあるので、気持ちが楽です。 急な斜度を感じたら、後少しで尾根に出ます。もう少しだ。 9:36、この空に包まれる標識が…

続きを読む

山頂に鎮座する五丈岩、秩父山群の王者、金峰山その1

時は常念岳から蝶ヶ岳へ縦走した7月24~25日の翌週です。 前夜からの車中泊で迎えた8月1日の早朝。 私は、奥秩父の山中、瑞牆山荘前の駐車場に居た。 この場から出発するのは3回目だ。 1度目は昨年のお盆にチャレンジするも豪雨、富士見平小屋の上部で断念、引き返した。 2度目は昨年9月末、紅葉迎える稜線、好天に恵まれた山行! 何故、3度も登るのか?それはあの凛として神々しいあの岩に会…

続きを読む