咲き競う初夏の花たち、山科勧修寺

5月7日、花菖蒲を探しに訪れた、山科の勧修寺。 目に飛び込んできたのは、黄色い色の塊。 黄菖蒲の群生。今年はどこもこの黄菖蒲が爆咲してます。 この氷室池に咲く花たち。黄菖蒲、花菖蒲、睡蓮。 黄菖蒲がたくさんです。 花菖蒲は、黄菖蒲に押され気味。 競うように咲く、菖蒲たち。 なんと、黄色い藤が咲いてました。

続きを読む

藤棚咲き誇る九尺ふじ、白毫寺

5月5日、藤の綺麗な白毫寺、ここはもう兵庫県に入りました。 藤の開花時期に合わせて、ライトアップも行われます。 今回は昼の部のみです。 藤の花が見事に咲いていました。 あまりにもの人出。あまりいいアングルが無いです。 花の房はとても綺麗でした。 長さ、広さともに撮れた唯一の写真。綺麗ですね。 色もいい具合に染まってますね。 仏教の守護神とされる…

続きを読む

山陰随一の藤名所、白井大町藤公園

5月5日、福知山の藤の旅。 普門寺の藤と躑躅を見た後は、福知山でランチ。 お腹を満たしたところで向かった山陰随一と言われる 藤の名所、白井の大町藤公園へ足を運んだ。 結構不便なところにありますが、人も多く訪れ賑わってました。 確かに藤の花が見事な房で咲いてました。 広い藤棚から長く垂れ下がる綺麗な藤の花。 青い空に映えます。 その藤棚も長く見事です。 …

続きを読む

藤の里に咲く、躑躅満開の普門寺

5月5日、福知山の藤の旅。 才ノ神の藤を見たら、最寄りの藤棚も見ようと近くの普門寺へ足を運んだ。 小さいながら藤棚がありました。 しかし、ここの藤棚で見るべきはこの白藤。 見事な白藤ですね。 普門寺の山門には枝垂桜があります。 桜の季節も来たいですね。 ここで目を見張るのは、満開の躑躅です。 様々な色の躑躅が迎えてくれます。 …

続きを読む

いちごのような可愛い花、ストロベリーキャンドル

5月5日、福知山「才ノ神の藤」を見た帰りすがら、 なにやら赤い絨毯のような畑がありました。 なんだろう?と思って近寄ってみたら、赤くていちごのような花が一面に咲いていました。 この花、まさに見た目からも名前を「ストロベリーキャンドル」と言います。 凄い数ですね。 こんな花です。 美味しそう、、、見た目はいちごですが、香りはいちごではありませんので。…

続きを読む

香り豊かなる菩提樹の花、真正極楽寺

6月10日、お昼休みに菩提樹の花を見に真正極楽寺「真如堂」へ行ってきました。 本堂前にある大きな菩提樹の木にたくさんの花が咲き、なんとも甘い素敵な香りが漂ってました。 赤い総門に新緑の豊かな緑が綺麗です。 新緑の参道、緑が深い。 本堂右手の大きな木が菩提樹です。少し黄色く見えるのが花です。 これがその花です。木の下では素敵な甘き香りが漂ってきます。 …

続きを読む

京都府の天然記念物、才ノ神の藤

5月5日、福知山の「才ノ神の藤」を見にやって来ました。 京都府の天然記念物、樹齢は推定2000年というから凄い。 ここは、自然に自生した「ヤマフジ」なんです。 ノダフジの蔓が右巻きに対して、このヤマフジの蔓は左巻きなんですね。 また、花穂は短く、花穂の長い「ノダフジ」のような華やかさはありません。 ノダフジの藤棚は、よく見かけますね。でもこんな大きな「ヤマフ…

続きを読む

香り豊か砂擦りの藤、三大神社

5月4日、上賀茂神社での禊の儀を撮影後、流れで滋賀県へ。 今年も見に来ました、三大神社の砂擦りの藤。 たくさんの人が訪れて賑わっていました。 長さは例年ほど長くはなかったですが、見頃を迎えていました。 下からのアングルで長さを強調! 少し花数も少なめか。 雰囲気を出します。 藤のカーテン。 花の一つ一つは綺麗です。 ク…

続きを読む

花は移ろい桜から躑躅へ、妙満寺

4月25日、曼殊院門跡の後は軽く妙満寺へ。 ここも躑躅が見頃を迎えていました。 翌日の告別式のため、境内に準備の車等諸所写り込みがありますが止む無し。 青もみじもこの時期ならでは。 躑躅その1。 躑躅その2。 躑躅その3。 躑躅その4。 躑躅その5、マクロで。 躑躅その6。

続きを読む

花は移ろい桜から躑躅へ、曼殊院門跡

4月25日、新緑眩しい中移りゆく花は躑躅へと変わっていく。 訪れたのは、、曼殊院門跡。 門前は静かな雰囲気であふれていた。 日差しも優しく、花の色が映える。 静かに眺める。 この日は、真っ赤な霧島躑躅が見頃でした。 新緑の中に真っ赤な霧島躑躅が見事でした。 庭園に花を添える。 新緑の奥に映える躑躅たち。 …

続きを読む

花は移ろい桜から山吹へ、松尾大社

4月23日、夕方近く山吹揺れる松尾大社へ。 黄色い山吹はまさに見頃を迎えていました。 反対側、水車が借景。 社務所横には、例のポスターが! さすが醸造の神様。 見事な山吹でした。

続きを読む

花は移ろい桜から躑躅へ、梅宮大社

4月23日、続いて訪れた先は霧島躑躅見頃の梅宮大社。 真っ赤に咲く霧島躑躅が綺麗でした。 入ってすぐに霧島躑躅の美しさを感じました。 花菖蒲が綺麗でした。 まだ牡丹も咲いてくれてました。 静かに美しき景色を眺める。 やはり際立つのは赤い霧島躑躅ですね。 赤い通路を通ります。 躑躅の回廊を抜ける。 訪れる人は少なくていい…

続きを読む

花は移ろい桜から躑躅へ、長岡天満宮

4月23日、長岡天満宮の霧島躑躅が早くも見頃を迎え、既に終盤とのこと。 1週間ほど早いな~ 好天続きで池中央の参道は酷い状態。 結局は良いとこ撮りで。 新緑と赤い霧島躑躅。 辛うじて見れた北側参道。 定番の灯篭。 なんとか優しい赤色を愛でることが出来ました。

続きを読む

六尺藤薄暮の中、彩染める西院春日神社

4月26日、定時で帰った今日は夕活しました(笑 暮れゆく空のもと、薄暮の時間はこの藤色をさらに濃くする。 六尺藤が満開の西院春日神社へ。 いいもんですね、この時間も。とても静かです。 灯篭にも灯が灯る。 帰り際の15分ほど、有意義な時間を過ごせました。 太陽の下の藤もいいけど、薄暮の藤もなかなかいいですね。 薄暮の藤景色。 面白…

続きを読む

少々早い狂い咲きの梅&この時期恒例の御会式桜

12月30日撮影。 もう梅が咲いているという情報から訪れた北野天満宮と京都御苑。 そして御会式桜という寒桜が咲く妙蓮寺へ足を運んだ年末でした。 まずは北野天満宮へ。 新年への準備は整っていた。 結構な咲き具合ですよね。 切り取ってますが、本来の季節と遜色ないです。 それほど暖かいということなのか。 紅梅も綺麗ですね。 青空と白梅が撮れ…

続きを読む

風揺れる秋桜、近江八幡野田の里

10月12日、体育の日は天気が良い。 こんな日は花を愛でよう、コスモスを見に近江八幡へ行ってきました。 このコスモス畑は住宅街の近くにあり、ロケーションは今一つですが、 その数、花の綺麗さはここ近年一番です。 これだけの数が一斉に咲く光景は圧巻。 前ボケも生かしつつ。 疎らに咲く畑が多い中、これだけの密集度は凄いです。 送電線も気になりますが、、…

続きを読む

秋色、コスモス揺れる花の寺、奈良般若寺その2

10月3日、青空に恵まれた奈良般若寺。 植え替えのコスモスが多かったので、 例年のようなたくさんの花は見られませんでしたが、 いいところを選んで雰囲気でも楽しんでもらえればと。 太陽を背に透過を楽しむ。 なんとか楼門をバックに綺麗なコスモスと。 青空が深い色、映えるコスモス花。 ポツン! 再びマクロレンズで。 天気は良くて、心地好い風…

続きを読む

秋色、コスモス揺れる花の寺、奈良般若寺その1

10月3日、梅小路公園の手づくり市を訪れた後に 向かった先は、奈良のコスモス寺、般若寺へ。 到着したのは13:00頃。青空と撮れました。 石仏とのコラボは、花数少なし。 大部分を植え替えられたとのことで、寂しい感じですね。 綺麗な花を探して、マクロで撮る。 こちらにも可愛いコスモスを見つけました。 マクロ撮影は大変です(笑 石仏のロケー…

続きを読む

天高く秋の空の下、朱の花盛る亀岡曽我部

9月26日、少し盛りを過ぎてますが、 亀岡の彼岸花の里と呼ばれる曽我部地区に訪れました。 やはりここの彼岸花は、盛り過ぎとは言え、見ておきたい場所です。 青い空を求めて、時間帯を合わした。 なんとかいい空が撮れました。 やはり半分くらいは終盤を迎えていた。 でも探せば、まだ見れる場所はある。 いい感じの赤です。 レッドラインが見えた。 白くな…

続きを読む

雨も滴る桂浜園地の彼岸花

山の旅で今年の彼岸花は撮れないな~と思ってましたが、 9月25日天気は今一つ、でもなんとかギリギリ花が残っていそうなので訪れてみました。 滋賀県高島市桂浜園地、彼岸花群生地です。 傷んだ花も白い筋の入った花も多かったですが、なんとかいいとこ撮り! 前日の雨もあって、雫が綺麗でした。 ここは雫を中心に撮っていくか。 いつもとは違った目線で。 並ぶ雫…

続きを読む

秋の風そよぐ水尾の里、藤袴とアサギマダラを愛でる

9月27日は、昼から晴れ間が出るとのことで、 なんと私がJRとバスを乗り継ぎ、水尾の里へ。 そこは藤袴が咲く畑に珍蝶アサギマダラが飛来するいうことでした。 話によれば、今年はアサギマダラの飛来が少ないとか。 アサギマダラは、7月金峰山の下山時に見た以来かな。 青い空に飛ぶアサギマダラが撮れて満足でした。 この美しい羽がアサギマダラです。 ふわふわ飛ぶ姿はなんとも可愛らし…

続きを読む

紫の絨毯を愛でる久多の里、葉月風物詩北山友禅菊

京都市北部の久多地区、一旦滋賀県に入り再び京都市に入るのが速い道。 この時期しか訪れないだろう、そんな久多地区にこの時期に咲く綺麗な花がある。 北山友禅菊。チョウセンヨメナという花を品種改良して生まれたという。 8月10日撮影。 そこに広がっていたのは紫の絨毯でした。 カメラを構える人も数人程度、ありがたい。 アングルに規制がない。ストレスフリー!この茅葺屋根の家がまたい…

続きを読む

秋風そよぐ萩の寺、秋の足音聴きながら花愛でる常林寺

9月14日、そろそろお昼休みも撮影に出掛ける季節。 萩の花が見頃を迎えようとする出町柳の常林寺に出掛けた。 平日のお昼に来る観光客が居る訳がない。 静かな小さな境内に萩の花が咲いていた。 まあ、謂わば独占です(笑 やや日当たりのよい右手のピンクの萩が盛りだ。 花もしっかり付いている。 左手の白い萩はまだ早いか。チラホラと。 今年初の彼岸花は、こ…

続きを読む

この時期にひまわり?それが狙いのひまわり畑なんです!

あれ?この時期にひまわり? 今年はひまわりを撮り損ねたと思ってましたが、なんと! ひまわり畑があるではないですか! 9月12日、朝はゆっくりしてお昼頃から現場へ向かいました。 やはり、ひまわりは青空と撮りたいと。 アングルに苦労してます(笑 空の雲は秋の模様。 これは鱗雲、、、ならぬ魚雲(笑 正確に言うと、これが本当の鱗です! ひまわの種類もここは豊富で、名…

続きを読む

雨露抱きし蓮の花、独り占めの世界で何想う、宇治三室戸寺

7月5日、この日は朝一番に訪れし宇治の三室戸寺。 開門前に到着。 目の前には静かな参道。いつぶりだろうか、静かな三室戸寺。 当然、向かった先は、、、 そう、華麗なる花咲く静かなる蓮の庭。 しばらくの間は、独り占め状態。 今年もこの三室戸寺の蓮を見ることが出来ました。 まだ、蕾もありますが、たくさんの蓮が花を開かせていました。 花…

続きを読む

可憐に咲く桔梗の庭、静かに過ごす東福寺塔頭天得院

7月4日、既出の記事にもありましたように、朝一番から剣尾山に登り、 昼には梅小路手づくり市で宮ちゃん、山ちゃんに会い、その後に向かった場所があります。 やや天気も悪いほうへ向かっとりましたが、やはりこの時期には訪れておきたい場所です。 東福寺塔頭天得院。雨に濡れる桔梗が美しいお庭へ。 ちなみにこれは帰り際の写真ですが(笑 緑の苔に映える紫紺の花。白い花もありますよ。 …

続きを読む

紫紺の花を求めて、辿り着くは静寂の庭、東福寺塔頭光明院

6月28日、智積院を後にし、近くの東福寺へ移動した。 東福寺の三門は、現存する最古最大の三門。(ここは山門ではない。) 手前の思遠池の蓮はほぼ終了。 で、東福寺で気になる場所は、、、、東福寺塔頭光明院。 入口、入ってすぐにある桔梗の花。 入ってすぐに見える、静寂の波心庭。 座して眺める、時折吹く風が心地よい。 そう、ここの庭にちょっとだけ桔梗があ…

続きを読む

初夏迎えし庭園の花たち、風薫る緑とともに智積院

6月28日、桔梗を愛でた廬山寺の後、向かった先はやはり桔梗が咲く智積院。 しかしまず先に、あまりに人が居なくて、緑の美しい境内を撮ってました。 緑の回廊も美しい。 参道脇の桔梗は、今年は痛みが早いようです。数が少ない。 でも美しい彩は、心を癒す。 本堂南側にある小さな池に蓮の花が咲いていた。 いい花を選んでますが、今年はこの池、当たり年のよ…

続きを読む

初夏の彩どり、桔梗咲く廬山寺

6月28日梅雨の最中、初夏の香り漂う風の中、我れ廬山寺に居る。 この紫の彩に会いに来た。 ここ廬山寺は、桔梗の紫、苔の緑、そして白砂の白が美しい。 この日の咲き具合は、ここ数年ではなかなかいい全体的に見頃の光景ですね。 紫式部ゆかりのお寺でもあります。 少し陰るくらいがちょうどいい。 そんなにお客も居ないので静かです。 夏が近付い…

続きを読む

善峯寺に咲く紫陽花苑、圧巻の彩苑

6月18日、建仁寺の後に向かいしは、洛西善峯寺。 紫陽花の名所としても近年有名です。 危うく2ヶ月遅れでの更新となるところでした(笑 紫陽花苑はここに限られますが、花の咲き具合は読めません! 今回の咲き具合は・・・素晴らしいです。 花の大きさ、見事です! 広大な紫陽花苑では、アングルも多彩。 斜面に埋め尽くす、紫陽花の花。 土壌の変化も…

続きを読む