アクセスカウンタ

たーやのBlog〜人生、それが旅〜

プロフィール

ブログ名
たーやのBlog〜人生、それが旅〜
ブログ紹介
北海道標茶在住3年、その頃に始めた写真という表現。
北海道という大自然を撮る楽しみに満喫。

その後生まれた京都へ戻る。
そんな京都へ戻って10年ほど。色んな京都を撮ってます。
今でも全国各地の皆様が楽しめる京都を撮るのがポリシー。

京都へ来れない方にも喜んで頂けるよう日々更新を心がける。
遠くで京都を楽しんでもらえる、それが第一。

しかし最近では、さらに行くことが困難な3,000m前後の
山々の景色も掲載中!

見たことのない景色をここでお見せしたい。
京都もアルプスも、すべてはそこにある。

北海道は、第二の故郷。北信州戸狩は第三の故郷。
とうとう緯度経度を越えて3Dの高度へ(笑
気の向くままに歩み続けます!
魅力的な世界をお見せできたらと思ってます。

zoom RSS

夏の京都、祇園祭前祭巡行

2017/07/17 23:59
7月17日、海の日祝日です。
人出も多そうなので、出足は早く7:30では少し遅かった。
場所が報道陣より後方へ。
さて、まずは注連縄切りの四条通で。

巡行が始まります。
画像


今年は撮れた、切れた瞬間。
画像


とりあえず、長刀鉾を見てから移動しよう。
画像


画像


画像


画像


長刀鉾を見送って、新町御池に。
ゲート前の歩行者天国は、急遽無しと警官から。
辺りを模索し、なんとか撮れそうなポジションへ。
強力の背に稚児。ちょっと遠かった。
画像


この位置、この近さはいいかも。
画像


こんな位置でした。
画像


辻回し、よく撮れたほうだ。
しかし、この辻回しはいつ見てもいいね。迫力がある。
画像


この位置は、このアングルいいかも。
画像


規制の厳しい新町通で数枚撮る。狭い通を通る鉾は圧巻だ。
画像


今年の京都の夏が始まった。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夏の京都、祇園祭前祭宵々山その2

2017/07/16 23:59
宵々山の続きです。

私の好きな山の一つ、油天神山。この提灯の色が好きなんです。
この温かみのある提灯に癒されます。
画像


芦刈山へ。
画像


船鉾へ到着。
画像


今年も見れた棒振囃子。綾傘鉾
画像


続いて、四条傘鉾。「へ」がかわいい。
画像


へが一杯!
画像


笑ってる。
画像


月鉾夜景。
画像


室町上がって、菊水鉾へ。
画像


やはりお囃子を聴きながら、練り歩くのはいいね。
画像


この山伏山を見て、帰路へ。
画像


強行軍でしたが、京都の夏を感じることが出来ました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夏の京都、祇園祭前祭宵々山その1

2017/07/15 23:59
7月15日連休初日、人も多いのを覚悟でやはり行ってきました。
祇園祭前祭宵々山。露店もこの日から、歩行者天国もこの日から。
余計に人が多いと覚悟してましたが、昨年より4万人少ないとのニュース。
どおりですんなり長刀まで辿り着いた訳だ。

まだ明るいうちから徐々に行動。早速新町通を南下して、放下鉾へ。
画像


その後四条通へ出て、東へ。函谷鉾を横目に西の夕景・・には少し早かった(笑
画像


長刀鉾でお囃子を聴く。
画像


画像


混雑を避けて、東洞院通を南下。縁結びのご利益がある保昌山へ。
それが目的ではない、ただの混雑回避です(笑
画像


この頃から空がいい色、ブルーモーメントへ。
画像


続いて、烏丸通より西のエリアへ。岩戸山に辿り着く。
画像


浴衣の売り子も風情が良い。
画像


端のほうに来ました。木賊山です。
画像


ブルーモーメントで提灯の灯が美しい。
画像


一番南西端にある太子山に到着。
子供たちが元気に粽を売っている。
画像


その2へ続く。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


アットホームなブックカフェ、ことばのはおと in 大黒屋町

2017/07/12 23:24
6月23日、ようやく来れた「ことばのはおと」さん。
7月祇園祭の頃には、今の大黒屋町での営業を終了されるとのこと。

とにかく、今の場所でのくつろぎを堪能すべく、時間を作ることが出来た。
オーナー夫妻、仁さん&ひろ江さんとの出会いも写真での繋がり、
蓮華寺での出会いも面白かったな。

平日の夕方にしては、お客さんも多かった。
画像


今度の新しいお店は、今よりも少し小さいらしいが、
多くの人が携わったこのジオラマは、そのまま持って行くらしい。嬉しいことだ。
密かに気に入っている。
画像


たぶんここでの最後の青春プレートごはんになるだろう。
画像


美味しい珈琲も頂いた。
画像


ここの町屋、好きだったな〜しみじみ(T_T)
画像


おや、気が付けばこんなphotobackが、、、全部見てみた。山と鉄でした。
画像


なんか結局、終了後も長居してしまった。話は尽きません。
画像


今頃も引っ越しなどの準備と最後の駆け足で大変だろうな。
画像


今度会う時は、新しいお店で。
画像


今度の店では、坪庭はあるみたいですが、仁さん渾身の石灯篭は移設は微妙らしい。。。
画像


長きに渡り慣れ親しんだ店を離れるのは寂しいでしょう。
でもみんなはどこに有っても訪れますので、ご心配なく。
新しいお店も期待で一杯です!


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


半夏生花咲く初夏、白く揺れる葉両足院

2017/07/02 23:59
6月23日、お休みをもらって半夏生を愛でに建仁寺塔頭両足院へ行ってきました。
数年前は、混雑など無かったこのお寺も今年は凄い人。
平日でも撮影がままならない。

では、まず半夏生(はんげしょう)とは?
夏至から数えて11日目にあたる7月2日頃のことを言います
名の由来は、漢方薬に使われる半夏(サトイモ科のカラスビシャク)が生える頃だからという説があります。
またドクダミ科のハンゲショウという植物は、この時期に花が咲くことから名付けられたという説もあります。
7月上旬といえば、梅雨も後半となる頃です。
農作物を育てる上でひとつの目安となる時期であるため、各地では様々な行事や習慣があり、
関西では豊作を祈ってタコを食べる習慣があります。
作物がタコの足のように、大地にしっかりと根を張ることを祈願するといった意味が込められているそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ちなみに白いのは葉であり、その傍らにある穂のようなものが花なんですよね。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


京都夏越し祓い、茅の輪くぐり

2017/06/30 23:59
6月30日に京都の多くの神社では、茅の輪くぐり(夏越し祓い)が行われます。

夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い
清めて無病息災を祈願する行事です。

今年は、まず職場から近い吉田神社へ。
お昼休みの参道、まだ静かです。
画像


茅の輪くぐりです。
画像


境内の水辺には水連が可憐に咲いてます。
画像


とても静かな境内でした。
画像


仕事終わりにも、護王神社へ茅の輪くぐりをしてきました。
画像


足腰の守護神だけに、しっかりとお参りを。
画像


ここで買える水無月は、既にありませんでした。
近くのとらやでも既に完売。そりゃそうだわ。
お参りだけですいません。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


水無月華やぐ、蓮華一輪

2017/06/30 00:01
6月29日、大蓮寺の蓮。

画像



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

Live Moon ブログパーツ
たーやのBlog〜人生、それが旅〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる